さて、未経験でも全然問題ないですよ!と言ったものの、実際にはキャバクラの面接で落ちている女の子も実はたくさんいます。

客商売である以上、誰でも彼でも入れてもいいというわけにもいきませんので、それはある程度仕方がない部分もあるのかなと思います。


面接に落ちる人の特徴とは一体どんなものなのか

では、面接に落ちる人の特徴とは一体どんなものなのでしょうか。以下にまとめてみましたので、ぜひご覧ください。


1.性格に問題がある

ここでいう性格に問題があるというのは、例えばあまりにも勝気過ぎると他の女の子と揉めたりすることが考えられるでしょうし、逆に気が弱すぎると仕事にならないですよね。

いずれにしても、お店で接客をするにあたり難があると判断されたということです。


2.責任感がない

仕事をすぐ辞めそうだとか、休んだりしそうだとか、いわゆるルーズに見られてしまう人がそうです。

責任感がなさそうに見えたらなかなか受かるのは厳しいですよね。


3.出勤日数に問題がある

これはお店が欲しい女の子の勤務条件と合わなかった場合ですね。

お店によって、週1でもいいという場合もあれば、週3程度は働いてほしいという場合もあります。

この希望が合致していないと受かるのは難しいのではないでしょうか。



以上、いかがでしたでしょうか。

いずれにしても、相手に必要ないと思われれば受からないのは当然です。

ただ、本人に問題がある場合があれば、求めている像と合わないという場合もあります。

もし落ちたとしても、あまり気にしないようにしましょうね。