さて、実際にお店にアポを取ったら次は面接に受かるための準備や確認が必要です。

頑張ってくれそうな雰囲気の女の子が合格しやすい

今ではキャバクラも人気の職業の一つなので、誰でもお店に行けば受かるという時代でもありません。

ある程度頑張ってくれそうだな、と感じた女の子しか雇わないというのが普通です。

なので、そういう目で見てもらえるようにまずは最低限の基礎知識であったり、キャバ嬢の仕事内容であったり、求められるスキルがどういうものなのか、という所だけでも押さえておいた方が好印象をもらいやすくなりますよ♪

仕事内容であれば、隣に座ってお酒を作るだけでなく、タバコにそっと火をつける、グラスの水滴を拭くといった気配りが必要なことや、指名、フリー、同伴、アフターなどの基本的な言葉の意味や、簡単なルールなどは事前に勉強しておいた方がいいでしょう。

とはいえ、基本的にそんなに難しいことはありません。


気楽な気持ちで臨んでも全然大丈夫

接客自体は愛想よくお客様の相手をして、うまく気配りすることさえできれば、まずは御の字といったところなのです。

なので、あまり堅苦しく考えることもありません。

とりあえず簡単なことだけ覚えておけば、後で同じような話を聞いた時に飲み込みが早くなるので、面接をする上でも有利になるということです。

求められるのスキルも基本的には愛想よく振る舞えるか、気配りができるか、ルールを守ってちゃんと仕事がこなせるか、という所が最低ラインになると思います。

なので、気楽な気持ちで臨んでも全然大丈夫ですよ♪

 

キャバクラの面接に関するQ&A

キャバクラの面接って、他の仕事との面接の違いはあるの?

基本的には、他の仕事でも聞かれるような事を聞かれます。
例えば、志望動機。
希望の勤務日数、時間、曜日。
それに加えて、お酒に強いか弱いか、彼氏がいるかいないか、なんてことも聞かれる可能性はあります。

キャバクラの面接には何を持っていけばいいの?

顔写真付きの身分証明書があれば大丈夫です。
また、あまり必要とされてはいませんが、履歴書も準備しておくとさらに良いと思います。

どんな服装で行くのが適切ですか?

きれい目な男性ウケする格好が望ましいです。
また、そのお店のコンセプトに合った服装を選ぶことも重要です。
ジャージやサンダルなどのカジュアルなスタイルはNGです。

面接終了後の流れはどうなるの?

面接に合格すれば、体験入店を経て本入店となり、晴れてキャバ嬢として働くことになります。

しかし、体験入店の時点でお店と合わない、接客が難しい、他のキャバ嬢達とうまくやっていけないなどの息苦しさを感じたら、本入店を断る事も可能です。
その場合は遠慮せず、正直に断りましょう。