キャバクラでの初めての面接、ちょっと緊張してしまうかもしれませんが、しっかりとアピールさえできれば面接に受かるのもそう難しくはありません。

自分の内面をアピール

容姿自体は自分のオシャレやメイクなどでカバーするしかないとして、問題は自分自身の人間性、つまり内面をどう面接官にアピールするのかということにつきます。

自分は初めてだから面接に受かるのはやっぱり難しいかも…なんて落ち込むことは全然ありません。

キャバクラで働くにあたって、六本木や銀座といった高級店などでなければ、スキルやテクニックなどの高度なレベルは最初は要求されないからです。

むしろ未経験者の方がある程度歓迎される向きもお店によってはあるものなので、そのあたりは安心してもいいと思いますよ。

じゃあ、どうやって自分の内面をアピールすればいいでしょうか。


自信を持って面接に挑むこと

それは一言で表現すれば「お店が求める人材である」ということをしっかりとアピールすればいいのです。

普通の面接であれば、存分に自己PRや自身の長所や短所など、志望の動機など、細かいことまで考えていかないといけないですよね。

でも、キャバクラの面接の場合はもうちょっとアピール部分を絞っても全然問題ありません。

よく見られるのは社交的かどうか、性格や気性はどうか、問題を起こしそうかそうでないか、男性に好かれそうかどうか、そして責任を持って仕事をしてくれるかどうかです。

なので、この辺りを意識してみてください。

未経験でも大丈夫なので、自信を持って面接に挑んでくださいね!